失敗の定義・どうなると失敗?かける時のリスクについて【ストレート・縮毛矯正】

失敗の定義・どうなると失敗?かける時のリスクについて【ストレート・縮毛矯正】

前のお店でストレートにしたら髪の毛が傷んじゃいました・・・
かかりも弱かったし、あきらか失敗されたと思いました。
今回だけではなく、今までもちゃんと成功したことがないんです。

お客様によって失敗の定義はそれぞれあります。
失敗と認識するのは、”思っていた仕上がりと違った”からだとディアーズでは考えます。

そうならない様にカウンセリングで丁寧に状態を確認して、今の髪の素材で”できる事”と”できない事”をとお伝えしてから施術します。

美容の技術は万能ではありません。
できない事を知る事で、認識の違いから生まれる”失敗”を防ぐ事ができます。

施術に入る前のカウンセリングでお伝えする際に、お客様から良くいただくご質問や、ディアーズが気を付けている失敗についてお話しします。

やってはいけない致命的な失敗

  • 根元の折れ
  • チリチリと傷んだ
  • 実感できるレベルでのダメージ

上記の3つはやってはいけない致命的な失敗です。
もしこのような事態がおきたら取り返しが付きません。

元に戻すには、カットで傷んだところを切り落として、また伸びてくる年月が必要です。
直すことができないので、これだけはやってはいけません。

やり直しができる失敗

  • かかりが弱くて根本のクセが残る
  • かかりが弱くて毛先がはねる

やり直しができる失敗とは、もう一度かけなおすことで修正ができる失敗の事です。
※基本的に失敗はNGですが、直しができる物として説明いたします。

ディアーズでは、上記の”やってはいけない致命的な失敗”は絶対NGですが、”やり直しができる失敗”は許容しています。

理由は、ダメージを起こさない様にするために施術をすると、かかりが弱かったりするケースはあるからです。

かかりを適切な状態にする為に担当者が薬剤選定を行います。
しかし、その選定が髪に対して少しでも強いものを選択してしまうと、髪は必要以上にダメージを受けてしまいます。

行き過ぎると、やってはいけない致命的な失敗に繋がります。

なので、ディアーズでは、薬剤の選定に迷ったら”弱め”を選ぶことをルールにしています。
もしそれでかかりが緩やかでしたら、次回の施術の時に手直しを入れればいいだけです。

一度髪の毛のデーターが取れれば、ディアーズではカルテしっかりと記載しているので、次回からは適切な薬剤選定が可能です。

一回目の施術の時に、髪を傷めて修正ができないような失敗になるくらいなら、まずは様子をみる為に優しい薬で緩やかにトライをします。

あれ?とおもう認識の失敗

  • 予想以上のボリュームダウン
  • 傷みは感じないけど強くかかりすぎ

失敗事例を確認していると、「あれ?」と思う認識の失敗はこの2つが多いようです。

フロント(前髪)、サイド(横)、トップ(てっぺん)の髪が、「思っている以上にペッちゃんこになっちゃった・・・」というもの。

もう一つが、「強くかかりすぎて仕上がりがツンツン・・・」というものです。

これは、カウンセリングや説明不足からおきる、お客様と担当者の認識の違いから起きる失敗事例。

このような事態を防ぐ為にもカウンセリングはとても重要です。

できる事とできない事をの解説を徹底

ディアーズでは、”できる事”と”できない事”をしっかりと見極めて解説しています。

「何でもできる」と考えていません。

素材の状態を見て、”できる事”と”できない事”をしっかり見極めて解説。
そしてご提供いたします。

解説したうえで、「それでもトライしたい」というご要望があれば、”リスク”を説明したうえで施術をスタートします。

一番は納得して喜んでいただく事。
安心して任せて頂く事。

ディアーズがルールにしていることです。

Instgram、Facebook、LINEでキレイな髪作りの解説をしています。LINEでは予約の空き時間のお知らせもします。「ディアーズに行ってみたい」とお考えの人はまずはLINEにご登録ください。
あなたの髪が求めているものをご提供いたします。

サブコンテンツ
上に戻る HOME