価格と相場【ヘアカラー】

価格と相場【ヘアカラー】

美容室でカラーリングをしていますが、店舗ごと値段が違うのはなぜでしょうか?
平均価格や相場はどれくらいですか?

平均価格は5000円~8000円前後(カット無し)

カラーリングのみの平均価格は5000円~8000円前後が多いようです。

そこに、カットも合わせると8000円~10000円前後くらいが相場になります。
髪が長い場合は、ロング料金で500円~1500円プラスする美容室もあります。

トリートメント(ヘアエステ)等も一緒に施術するとまた料金はかわります。

  • ヘアカラーのみ
    5000円~8000円前後
  • カット+ヘアカラー
    8000円~10000円前後
  • カット+ヘアカラー+トリートメント
    10000円~15000円前後

相場より少し高めかもしれませんが、これくらいです。

美容室のポータルサイト等を見てクーポンを発行していれば、もっと低価格で施術してくれる美容室も多いでしょう。

美容室のメニュー価格の違い

美容室のメニュー価格は働く人が自由に決める事ができます。
だいたいが、経営者かトップが価格を決めてます。

美容室によって値段が大きく違うのは経営者の考え方が様々だからです。

メニューの内容や価格にも経営者の思考が色濃く反映されます。

地域差の影響

地域差による価格への影響もとても大きいです。

地方のサロンでは土地や店舗にかかる物件の料金が大きくはありません。
しかし都心は違います。

同じ広さのテナントでも、10倍以上違います。
その為、都心の美容室はカラーリングのみで30000円前後の価格設定されているところも。

地方からすると相場価格よりはるかに高いですが、経営者は店舗代(固定費)も考慮して決定しています。

ブランドの影響

お店のブランド力やスタイリストの人気度(知名度)によっても違います。

  • このお店にやってもらいたい
  • この人にやってもらいたい

人に必要とされればされるほど、店舗や指名料金(技術料金)などが上がる所が多いです。

相場より「高い=良い」「安い=悪い」ではない

注意したいのが相場の値段と比較した時の良し悪しです。
「高い=良い」「安い=悪い」ではありません。

値段の違いは、主に”薬剤”と”担当”と”空間”と”仕上がり”に出てきます。

その美容室がどのようなお客様にサービスを提供したいのか?
この大切な考えのもとに価格から始まり、全ての内容を決めていきます。

極端に安い美容室のヘアカラーの注意点とは?

  • ジュニアスタイリストが担当
  • かけもちの状態で担当
  • 技術保障がない

極端に値段が安い美容室では上記のような事があるかもしれません。
あくまでも可能性の一つです。

価格以外で求める事が多いようでしたら、美容室の特性やコンセプトなどを理解してから決断することをお勧めします。

Instgram、Facebook、LINEでキレイな髪作りの解説をしています。LINEでは予約の空き時間のお知らせもします。「ディアーズに行ってみたい」とお考えの人はまずはLINEにご登録ください。
あなたの髪が求めているものをご提供いたします。

サブコンテンツ
上に戻る HOME