髪の痛みやダメージが怖い、手触りが悪くチリチリになったことがある【ストレート・縮毛矯正】

髪の痛みやダメージが怖い、手触りが悪くチリチリになったことがある【ストレート・縮毛矯正】

施術後の髪の傷みが気になるのでストレートや縮毛矯正ができないんです。
クセは伸びたけど手触りが悪くなった。
クセは伸ばしたいけど、過去に髪がチリチリになってしまって当てるのが怖いんです。

ストレートや縮毛矯正で一度でも失敗してしまうと、今後のオーダーだ怖いですよね。

ディアーズに初めてご来店頂くお客様で、ストレートを希望される方はとても多いですが、過去に様々なトラウマを抱えられています。

ストレート(縮毛矯正)は髪に一番負担をかけるメニュー

どこの美容室やブログでも言われている事ですが、ストレートや縮毛矯正などのメニューは髪に一番負担をかけます。

強い薬剤を使い高温での熱処理をするので、様々な負担が髪にのしかかります。

お客様の髪を大切にするためには、私たち技術者が”怖いメニュー”として認識するのが大切だと考え、全スタッフ理解徹底しています。

メリットとデメリット、リスクの解説

どんなメニューにも薬剤を使い以上メリットとデメリットが存在します。
リスクの解説も必要です。

それら全てを一つ一つ丁寧にお話しし確認し、あなたと一緒になって何を選んでいくかを決めていくのがディアーズのスタイル。

だからカウンセリングは毎回丁寧に行いますし、その環境が整えられるようにマンツーマンで個室を使って対応いたします。

全てお話しした上で、慎重に施術を行います

ここまでの事を全てお話しした上で、慎重に施術をスタートします。

  • 予約のお時間を長めにキープ
  • マンツーマンでスタイリストが最初から最後まで担当
  • 個室空間であなただけに集中

このような環境を整えているのであなたの大切な髪を傷めるという合ってはならない事を防げます。

チリチリになるのは事故です。あってはならない美容師の施術ミスの一つです。

ストレートや縮毛矯正で髪に超過ダメージが加わると、チリチリとした痛みが発生します。

こうなってしまうと、髪は切っていくしかできません。
元にはもどせないのです。

このチリチリ現象ですが、美容師の技術と認識不足から起きる事故です。
あってはなりません。

もしディアーズで、髪にストレートを当てるのが心配だった場合、「なぜストレートを当てられないか?」をしっかりと解説して今回の施術を見送って頂く事もございます。

それでもストレートメニューをご希望される場合は、痛むリスクをしっかりと解説したうえで慎重にスタートいたします。

ディアーズではお客様に悲しい思いをしていただかない様に、メニュー一つ一つを徹底して行いますので、起こしてはならないダメージ事故を防ぐ事ができています。

Instgram、Facebook、LINEでキレイな髪作りの解説をしています。LINEでは予約の空き時間のお知らせもします。「ディアーズに行ってみたい」とお考えの人はまずはLINEにご登録ください。
あなたの髪が求めているものをご提供いたします。

サブコンテンツ
上に戻る HOME