ボリュームがなくペッタリと貧素に見えるのが嫌だ【ストレート・縮毛矯正】

ボリュームがなくペッタリと貧素に見えるのが嫌だ【ストレート・縮毛矯正】

ボリュームがなくなると貧素に見えてしまって・・・
くせ毛は改善したいしストレート(縮毛矯正)はしたいんですが、ぺちゃんこになるのが嫌なんです。
ふんわりとやわらかな質感に仕上げたいです。

髪の動きやボリュームがなくなってしまうことが不安でストレートに抵抗がある方もいらっしゃいます。
特に、てっぺん(頭頂部)と、横(サイド)のボリュームダウンです。

ディアーズでは、そういったお客様のご要望もお伺いしながら、ボリュームを無くしすぎないストレートもご提案いたします。

トップやサイドのボリュームをつぶしすぎない方法

ストレートの薬剤塗布をするときに工夫ができます。

  • 根元を1㎝〜2㎝あけて塗布
  • クセが取りきれないレベルの薬剤を塗布

このように、薬剤を塗る範囲と薬剤の強さにより、あなたのご希望にそったストレートを施述することも可能です。

毛先のクセを活かして根元から中間までストレートにする

毛先に程よいクセがあれば、根元から中間までをストレートにすることで、毛先のクセがパーマのように仕上げることも可能です。

g_before_after

上記の写真が施述事例です。
根元から毛先までクセがある状態です。

毛先5㎝ほどクセを残し、根元から中間までストレートに。
見事な毛先カールスタイルに仕上がりました。

毛先を中心にパーマで動きを作る

毛先に程よいカールがなくても大丈夫。

最初にストレート(縮毛矯正)を当てて、根元から毛先まで艶髪ストレートに。
その後、毛先中心にデジタルパーマによってカールを作ることも可能です。

クセ毛だからパーマを楽しめたことがないんです。

という方でも、ストレートとデジタルパーマの組み合わせでデザインコントロールが可能です。

ストレートとクセを残す範囲、デジタルパーマの組み合わせでコントロール

髪質によって施述のパターンは様々ですが、ある程度デザインはコントロールすることができます。
もちろん美しい艶やかな髪質を作りながら。

大切なのは、髪質やクセを見極めて、あなたにあってデザイン提案とご希望に近づけていくこと。

ディアーズにお越しいただければ、マンツーマンで髪の状態を診断。
丁寧に解説し施述を行います。

Instgram、Facebook、LINEでキレイな髪作りの解説をしています。LINEでは予約の空き時間のお知らせもします。「ディアーズに行ってみたい」とお考えの人はまずはLINEにご登録ください。
あなたの髪が求めているものをご提供いたします。

サブコンテンツ
上に戻る HOME