ゲスト

白髪染めとパーマを両方したいのですが、気をつけることはありますか?

白髪染めとパーマを両方ともすることはもちろん可能です。

ですがその場合1つだけ注意点があります。

それはパーマと同じ日に毛先まで白髪染めをしてはいけないということです。

毛先までのカラーをした後にパーマをかけると、色が抜けてしまいますし、パーマをかけた後に全体のカラーをするとパーマが落ちてしまいます。

これを防ぐためにはパーマと白髪染めを同時に行う時は必ず白髪染めを根元だけ染めるようにするということが大切です。

パーマは基本的に中間から毛先にかけるため、その部分に白髪染めの薬剤がついていなければ問題はありません。

パーマと白髪染めを同時に行うときは必ず白髪染めは根本のみ行うようにしましょう。

全体の白髪染めをしたい場合は?

どうしても全体の白髪染めをしたいときはパーマを先にして1〜2週間ほどあけた後にカラーをするようにしましょう。

カラーをしてから1〜2週間ほどたつと色素が髪に定着する為、パーマをしてもそれほど影響を与えずにかけることができます。

ですが髪にカラーとパーマを両方ともするのは負担がかかるためご自宅でのケアがとても大切になります。

ディアーズが推奨するご自宅での髪のお手入れマニュアルをご紹介させていただきますのでこちらをご自宅でのお手入れのご参考になさってくださいませ。

ご自宅での髪のお手入れマニュアル