美容室で取り扱っているヘアカラー剤のメーカー一覧)【ヘアカラー】

美容室で取り扱っているヘアカラー剤のメーカー一覧)【ヘアカラー】

美容室で取り扱っているヘアカラー剤のメーカーはどういったものがありますか?

美容室が扱うメーカーのカラー剤について、人気シリーズを含めて様々な種類をご紹介します。

wella(ウエラ)

wella

hoyu(ホーユー)

hoyu

napla(ナプラ)

napla

arimino(アリミノ)

arimino

SHISEIDOPROFESSIONAL(資生堂プロフェッショナル)

shiseido

TAMARIS(タマリス)

tamaris

NAKANO(中野製薬)

nakano-seiyaku

ADJUVANT(アジュバン)

adjuvant

MILBON(ミルボン)

milbon

LebeL(ルベル)

lebel

DEMI(デミ)

demi

MoltoBene(モルトベーネ)

moltobene

schwarzkopf-professional(シュワルツコフプロフェッショナル)

schwarzkopf-professional

loreal-professionnel(ロレアルプロフェッショナル)

loreal-professionnel

no3(ナンバースリー NUMBER THREE)

no3

MANIC PANIC(マニックパニック)

manicpanic

MUCOTA(ムコタ)

mukota

SUNCALL(サンコール)

suncall

FORDHAIRCOSMETICS(フォードヘア化粧品)

ford

COTA(コタ)

cota

Amorous(アモロス)

amorous

SAFETY(セフテイ)

safety

REAL(リアル化学)

real

HAHONICO(ハホニコ)

hahonico

InterCosme(インターコスメ)

inter-cosme

メーカー情報を一つずつ確認して、カラー剤をとりあつかっている会社のみピックアップしてみました。

多くのメーカー(カラー剤)が市場に参入しているので、全ての薬剤を置いているサロンはまずありません。

私たちプロは薬剤を見定め、自分のサロンにあった薬剤を仕入れお客様に施術します。

Instgram、Facebook、LINEでキレイな髪作りの解説をしています。LINEでは予約の空き時間のお知らせもします。「ディアーズに行ってみたい」とお考えの人はまずはLINEにご登録ください。
あなたの髪が求めているものをご提供いたします。

サブコンテンツ
上に戻る HOME