ゲスト

美容室で取り扱っているヘアカラー剤のメーカーはどういったものがありますか?


美容室が扱うメーカーのカラー剤について、人気シリーズを含めて様々な種類をご紹介します。

wella(ウエラ)

hoyu(ホーユー)

napla(ナプラ)

arimino(アリミノ)

資生堂プロフェッショナル

 

TAMARIS(タマリス)

NAKANO(中野製薬

ADJUVANT(アジュバン)

 

MILBON(ミルボン)

LebeL(ルベル)

DEMI(デミ)

モルトベーネ

Schwarzkopf-professional(シュワルツコフプロフェッショナル)

loreal-professionnel(ロレアルプロフェッショナル)

 

no3(ナンバースリー NUMBER THREE

MANIC PANIC(マニックパニック)

MUCOTA(ムコタ)

SUNCALL(サンコール)

FORDHAIRCOSMETICS(フォードヘア化粧品)

COTA(コタ)

Amorous(アモロス)

セフテイ

REAL(リアル化学)

HAHONICO(ハホニコ)

InterCosme(インターコスメ)

メーカー情報を一つずつ確認して、カラー剤をとりあつかっている会社のみピックアップしてみました。

多くのメーカー(カラー剤)が市場に参入しているので、全ての薬剤を置いているサロンはまずありません。

私たちプロは薬剤を見定め、自分のサロンにあった薬剤を仕入れお客様に施術します。